食事と寝る時間は最低でも3時間空けるようにする

食後すぐに寝てしまうと太りやすくなり病気のリスクもアップします。
食事と寝る時間は最低でも3時間空けるようにします。
起きている間に消化吸収されて、寝ているときには成長ホルモンが分泌されるため、脂肪を分解することができます。
新陳代謝も促進されて太りにくい身体になるだけでなく、胃腸の負担も減るため健康面にも効果的です。
湯うh速は早めに摂ることが一番です。
遅くても午後9時ぐらいまでには終わらせることがおすすめです。
仕事が忙しく家に帰ってきたら深夜になってしまったという人も多いですが、健康面から食事をせずに眠っても空腹のままでは眠りにつくことができませんし、深夜食事をすること太ってしまいます。
カロリーが高いものを摂取すると太ってしまいますし、胃に負担が掛かるものもNGです。
スープや味噌汁、ホットミルクなど胃にもやさしく空腹を満たしてくれるものを摂取するようにします。
胃に普段を減らすために胃にやさしい物を摂取してからお風呂に入るなど寝るまでに時間を空けるよう工夫をすることがおすすめです。