病院選びの基準にしている事とは

子供が生まれ、退院後の1ヶ月検診で、助産師さんに言われて役立った事は、小児科の情報でした。
次にやってくる3ヶ月検診は産院ではなく、医療機関での検診だったので、自分で病院を予約して行ってくださいという事でした。
私が出産した産婦人科は、小児科医がいなかったので、市内の小児科の情報はありがたかったです。
1番家から近い所は小児科と内科が合わさっている病院で、高齢の女性の先生です。
人柄は抜群に良いですが、小児科医専門ではないので、予防接種くらいなら問題ないと思うけど、大きな病気や怪我のときは少し心配かも・・・という答え。
女医のテキパキした先生がいる小児科もあれば、最近人気のある男性医師の病院など、情報は様々でした。
ただ可愛い我が子を診てもらうのですから、感じが良くてなおかつ的確な診療をしてくれる病院が1番。
病院選びの基準は、先生と親の相性かなと思います。
先日子供の下痢が止まらず。
いつものかかりつけの小児科に連絡した所、ひどい対応をされて病院を変えました。
子供の事になると、自分の事以上に敏感になってしまいますが、子供の健康を守れるのは親しかいないので、頼りになる病院選びはとても大切だなと痛感しました。